自律神経失調症の症状と対策│予防と検査の重要性

ドクター

聴覚に異常が出る脳腫瘍

病棟

聴神経腫瘍は3人に1人が罹患すると言われている脳の疾患で、聴覚のほかに顔面のしびれなど様々な症状が現れます。良性の腫瘍である聴神経腫瘍は、MRI検査による早期発見で完治が容易な病気なので、定期的な検査が大切です。

Read

様々な体の不調に悩む方へ

悩んでいる女性

自律神経の乱れの可能性も

最近、体のあちこちがおかしい、めまいと胃の不調が同時に来たりするなどということはありませんか。それは、自律神経失調症の疑いがあります。この自律神経失調症、よく目や耳にする言葉ですが、実際にどのような症状なのかといいますと、これが様々で、ある人は頭痛が起きることもあれば、ある人は貧血、またある人は下痢をしやすくなると、人によって様々だからです。この自律神経失調症を防ぐ、あるいは症状を軽くするには、軽い運動などでストレスを発散させる、あるいは規則正しい生活を送るなどの工夫も大事です。生活が不規則だと、それだけ自律神経を構成する交感神経と、副交感神経の切り替えがうまく行かなくなるため、かえって症状がひどくなってしまうこともあります。

心療内科での治療方法とは

しかしそれでも症状が治まらない、あるいは別の症状が出て来るといった場合には、やはり病院に行くのがお勧めです。この場合、一番お勧めなのは心療内科です。心療内科ではカウンセリングを用いた治療方法を行うこともあり、ストレスの原因になっている心配事やトラブルを話すだけでも、症状の出方が治まることがあります。また症状の方は対症療法となり、それぞれに応じた薬を処方してもらうことができます。ただし頭痛や下痢、あるいは貧血などがいつまでたっても改善されない時、むしろひどくなる時は、自律神経失調症ではなく他の病気、たとえば脳疾患や内臓疾患などが考えられます。自律神経失調症には、このように他の病気が隠れていることもあります。なので、このような時はそれぞれの診療科を受診して、検査をしてもらうことをお勧めします。

自宅で療養したい人の制度

医師

高齢化社会の進行によって、国でも在宅医療を推進する政策をとっています。病院まで通院できない人、自宅で療養したい人などは担当ケアマネージャーに相談すれば手続きをしてくれます。要介護認定を受けていない場合は、家族が世田谷区役所の相談センターに電話をします。訪問診療をしてくれる医師を見つけてくれます。

Read

誰でもなる可能性がる

手術室

鼠径ヘルニアの唯一無二の治療法が、手術です。最近では日帰りでの手術を行っているところもあり、忙しい人でも安心して治療を受けることが出来ます。最悪の場合には大手術となる可能性もありますので早めに、外科に相談するようにしましょう。

Read